北京オリンピックへ行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS キムタクはオリンピックに行くのか?

<<   作成日時 : 2007/12/28 10:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

来年はとうとうオリンピック開催です。中国で初開催される夏季オリンピック「北京オリンピック」は、アジアでの20年振りのオリンピック開催で、1988年のソウルオリンピック以来となります。 知っての通り、夏季と冬季の2種類のオリンピックが開催されています。夏季オリンピックは1896年にオリンピック発祥の地、ギリシャのアテネで開催され、2度の世界大戦による中断はあったものの,今日まで続いてきました。 また、一方冬季オリンピックの第一回目は、フランスのシャモニーモンブランで行われたのが最初で、1924年の出来事になります。


ですが、そのアマチュアリズムによるスポーツマンシップも、1984年のロサンゼルスオリンピックからの大々的なショーアップにより、かなり商業色濃いものへとオリンピックは変貌していきました。 そしてオリンピック開催国において景気が上向き、莫大なマネーが動くことから、開催にあたってはIOC委員への賄賂問題も常に付きまとうようになりました。 またその他に、純粋なスポーツ競技会であってほしいオリンピックですが、その参加に政治的問題が絡むこともあります。1980年モスクワオリンピックにおいて多数の西側諸国のボイコットで、多数の選手が政治的理由で目指してきたオリンピックに参加できない、という悲劇につながりました。


そんなオリンピック全体への問題もさることながら、2008年北京オリンピックへの否定的な意見が多いことは否めません。それは中国政府への人権侵害や人命軽視の批判から起きています。 また他にも、著作権問題や国民の倫理性、オリンピック景気による発展から来る環境問題も大きく、イギリス・水泳代表選手団はこの大気汚染の懸念から、直前まで日本での調整を行うことを発表しました。 他にも、トイレ、唾吐きなどの中国国内の衛生、国民の倫理問題も残されているので、中国でのオリンピック開催には、まだまだ不安があります。しかし、4年に一度のスポーツの大祭、それまでには少しでも問題が解決されることを祈り、心を躍らせて観戦したいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キムタクはオリンピックに行くのか? 北京オリンピックへ行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる